入居して直ぐにトイレの水漏れがありました。

            

入居して直ぐにトイレの水漏れがありました。はじめは気づかなかったのですが、いつのまにかトイレの床に水がたまっている状態。原因を知るために流すと壁から出ている配管からぽたぽた水が滴り落ちていました。

応急処置で水が落ちるところに犬のトイレシーツを敷きました。それから直ぐに管理会社に連絡して、次の日には来てもらえることになりました。

業者が到着して直ぐに取りかかっていただきました。水道の大元の栓をとめて調べていただくと、原因は接続部分の部品の劣化とのことです。しかもかなりひどく「もし自分でどうにかしようとしてこの部分を触っていたら、錆のせいでバラバラになって取り返しのつかないことになっていました」といわれました。しかも「このアパートをたててから一度もこの部品を変えていないと思います。」とのこと。昭和に建てられた建物だと記憶しているので、ざっと30年以上は変えていないということになります。恐ろしいですね。どれくらいで劣化するのかまではわかりませんが、管理会社に不満を覚えました。大体30分ほどで作業がおわり、それからトイレは水漏れを起こすこともなく平和な日々が続いています。

業者の方に「洗面所の水がよく茶色になる」ということを聞いてみたのですが、これに関しては「建物が古すぎて水道管が錆びているのだと思います。これを取り替えるにはアパート全体の水道をとめての作業になるので、かなりの時間がかかります」とのことで、対策として「しばらく水を出して透明になったら使う」ということを教えてもらいました。

洗面所に関しては解決しませんでしたが、トイレに関してはなおりましたのでとりあえずは満足しています。自分で修理する怖さも知ることになったので、いい勉強になりました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です